スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

あばうとー  読者になる  follow us in feedly

自身が行っていない戦争に対する罪悪感とか誰かを非難したくなる気持ちとか

長崎で

路面電車の中にサングラスかけた白人が多く、大声で笑っていて不快になってしまった。
私は被害者じゃないし、彼らは加害者じゃないのだ。変な共感は間違った感情を呼ぶので気をつけたい。

長崎観光 宝町→爆心地公園→平和公園→天主公園→如己堂→大橋駅 - スナックelve 本店

という経験をした。
それからなんとなく「戦争」と「被害者意識」「加害者意識」(両方あわせて当事者性かもしれない)「罪悪感」「非難」について考えることがあったのでメモ。
考えはまとまってないけど。

戦争の話題になると被害者側に共感して変に攻撃的な気分になるなぁと言うのが一つ。そして、共感するものが加害者側だったときに「逆切れ」したくないなぁと思ったのが一つ。

火垂るの墓」の話題なんかもちょうど合って、どうも「空爆」や「原爆」などの被害者を連想し、そこに共感してしまって「被害者意識」を持ってしまうなぁ、とか。べっつに何の被害にもあってないのにね
今、「サピエンス」って本を読んでるんだけど、これの中で原爆投下を正当化してるらしくてその前情報だけでちょっと嫌な気分になってる。



これはなんか男性の方が自分のいいたい事いうために妻を持ち出してる臭くていやな感じだね。
でもこれを改変して卑猥な言葉とか並べてる人を見ると本当に本当に残念だ。

オマンコ言えば無効化できるのか。どんだけ便利なんだよオマンコ。

私にはこれら白人が罪悪感から逆切れして加害者をスルーして被害者に責任を求めてるように見える。いや、求めてもいいんだけど。
被害者がすべてを決める、みたいのも気持ち悪いしね。

ちょっと脱線するけど罪や許しの概念が異文化だよなぁと思ったので連想
www.bbc.com
で、亡くなった被害者の兄が
「スピード違反だったかどうか」
を聞いてくるあたりがすごく異文化だよね。
日本だったらそんなこと気にしないだろうなぁって思ったけどどうだろ。(そんなこと、と思う程度に私が気にしてないだけか)

その瞬間に、私は許されたと感じた。

私が小さい男の子を殺した日――交通事故加害者の消えない記憶 - BBCニュース

逆にもしスピードをちょっとでも出しすぎていたら「許されない」のかなぁ。
罪悪感の量がもっと増えるのだろうか。
日本だと一律ドライバーが罰せられるのも異文化感の原因だろう。

中国や韓国と日本の間にある感情もこれだろうなぁって思う。向こうは「ヘラヘラ観光に来てるんじゃねーよ」って感情抱いてしまうだろうしなぁ。でもまぁ、観光はヘラヘラするよね。

んで、慰安婦とか731部隊とかの情報に触れたとき、こう、加害者の擁護や言い訳みたいなこと、つらつら出てきちゃうわけよね。
でもじゃーどこまで「加害者意識」で謝罪し続ければいいのかなぁとか。だって私は別になんもしてない。
相手が被害者に共鳴して、コチラを加害者だと非難してくるとき何処まで付き合えばいいのだろうね。
逆切れじゃなくて、加害者をスルーするのでもなくて、純粋に「それは私ではありません」って反応では失礼なのだろうか。だってもう分からないじゃない。

慰安婦は売春婦だったから問題ないみたいなこと言う人を見ると、この人は売春婦なら騙されてもレイプされてもいいって考えてるのかな? って怖くなる。
でも、じゃー、その騙した人は誰? 国? って話になると・・・もう分からないじゃない。
んで、もうこれで終わりって約束しても解決されないんじゃ、後はそちらの国内で頑張ってください案件だよなぁって気がする。

小中学生のときは「何で日本人は本気で謝罪しないんだ」「何で皆もっと悲しくならないんだ」と憤っていたんだけど、順調にそっち側に来ましたw 無理なんだよ、その要求は。

タイミング的に
gendai.ismedia.jp
もちょっと絡んでる気がする。これはもう、もっとややこしくて、いまだにモヤモヤしている。加害者も被害者もこんがらがってる感じ。
戦争全体を見渡してあ~だこ~だ言えるのは後世の特権で、実際に戦闘してる人たちにとっては限られた情報、限られた世界での話だろうしなぁ。

ちなみに憲法9条は守って欲しいけど自衛隊は合憲にして欲しい→今のままでいいんじゃねとか思ってる

なんて事をだらだら考えました