スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

あばうとー  読者になる  follow us in feedly

その窓に君はいない

Aさんは、仕事ができて気が利いて人気者でモテモテのようなブログを書いていた。そうじゃないことを僕は知ってる。
Bさんは、23区内の豪邸で士業でも営んでいるかのようなブログを書いていた。そうじゃないことを僕は知っている。
Cさんは、おしゃれでモテモテで頭脳明晰すぎで困っちゃーうみたいなツイートしていた。そうじゃないだろうなぁって僕は思っている。

自分を良く見せたいのだな、と思う。わかる。
そう思われてない現実をうっすら感じて余計にアピールしてしまうんだろうなぁ。わかる。
でも、たぶんあなた達が「見せたい姿」の人、ブログやtwtterで必死にアピールしないから・・・。

ジョハリの窓を連想する。でもちょっと違う。
「自分が見た自分の姿」「自分が他人に見られたい姿」「他人が見た自分の姿」
他人を想定できてないのかなぁって思う。
あるいは自分の理想の通りに他人が自分を見てくれるはず! そう! インターネットならね!! みたいな? ネットなら理想の自分を演じれる、位まで自覚して演じてくれてるならいいんだけど。いいっていうか、安心っていうか。

僕が思うに「自分が見た自分の姿」が「自分が他人に見られたい姿」に限りなく近く、自分の「理想」を「現実」として認識しているのかな? と。でも、他人である僕が見る「現実」は「他人が見た自分の姿」だから、その解離が気になってしまうというか。
え、ソレ嘘じゃん? ♪自分まで騙し~って「永遠のパズル」歌いたくなるじゃん?
でもさ、そういう人にとって「他人が見た自分の姿」って受け入れられないのかもしれないよね。
受け入れたら鬱になっちゃうとかさ。死んじゃうとかさ。それならまぁ嘘ついて元気な方がいいよね。

僕も ただの派遣事務員じゃないもん! プログラムも書いちゃうよ! 絵も描いちゃうよ! 言いたいこともいっちゃうよ! なんなら歌って踊れるよ*1!! みたいなブログ書いてる。
んで、ブログと印象違うって言われるwww

でもなんか、ちょっと違う。
違うと思いたい自分がいる。

皆自分にとっての本当のことなんだろうなぁって思う。誰も嘘ついてるつもりはないのだろう。ソレが嘘より怖い。

自分もきっとそういう部分がある。双極性障害だから自尊心の肥大、誇大妄想はある。
自覚だ。自覚するんだ。



違うよね?←

*1:リズム感皆無のため踊れませんw