スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

あばうとー  読者になる  follow us in feedly

何度も書いては消して

今週のお題「おかあさん」
おかあさん、何で私の事産んだの? いや、純粋に疑問で。
だってさ、お母さんの日記、私の誕生日に「女の子だどうしよう」って書いてあったじゃん?
女の子だってのはもっと前からわかってたんじゃねーの?
産むの、あんただけは悩んだって言ってたじゃん?


つかね、正直どう思ってもいいんだけど、何でそれを書き残したり、それを本人の目に付くところにおいておいたり、本人に言ったりするのかがわからない。

悪気、ないんだろうね。だから余計にわからない。

私は「おかあさん」にはならなかったよ。やっぱり心から「おかあさん」になりたいって思えなかったんだと思う。
あなたみたいにはなりたくないってずっと思ってたからね。
大きくなって、大変さや凄さを理解した気になって「あの人の様に成りたくないんじゃなくて、成れないんだナァ」なんて、物分りよく考えたりもしたけど、やっぱイヤだ。
夫のために自分と子供犠牲にして被害者ぶるような人生いやだ。
「不機嫌な誰か」の機嫌をとるためだけの生活なんてしたくない。

でもさ、今一緒に暮らしてる人はなんかやっぱ面倒な人で、いやそれでも世間の男から見たら手がかからない人なんだと思うんだけど、なんか結局、我慢することが愛情ですみたいな価値観で生活しててたまにヤになる。

おかあさん、今は兄のために必死に生きている、おかあさん。
家族のために必死に生きてきた自分、愛せてますか?
愛してあげてね。私は愛してあげられないから。

あ、兄を連れて逝ってね。あの人の面倒誰も見たくないのよ、あなた以外。