スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

あばうとー  読者になる  follow us in feedly

今日もたくさん食べている

最近昼前にすごい(可愛くない)音でお腹が鳴るので辞めて欲しい。
お昼は自宅に戻って昨日食べる予定だった冷やし中華を消費した。次回からは冷やし中華は2食入りのを買うことにしよう。1食余っても困る。

マルセイが早く帰ってきていてご飯が炊けていなかったので、二人でおやつタイムに突入。
二人で焼きおにぎり(冷凍)、きな粉棒、干し芋を食す。
マルセイの目を盗んでカシューナッツをむさぼる。

ご飯が炊けてもマルセイはお腹が空かないらしく、ご飯少量でいいというので少量盛ったら
「なにこれ?」
と言われ非常に不愉快であった。
おかわりとか言われたが無視した。

人を褒めること。認めること。

まだうまくまとまらないが、中2病と母性って対極にあるな、と思った。母性は相手をすべてというか存在そのものを認めてる気がする。中2病は自分の存在も世界の存在も認めていない感じがする。世界系とか究極の中2病な感じがする。世界が壊れるか私が変わるか、みたいな。
んで、私は褒められずに育ったので中2病を拗らせたまま中年になったわけだ。「生まれてきてごめんなさい」と思いながら世界を呪っている。

派遣のTさんが異動になって、仕事の内容が変わった。パソコンのことやプリンタのことで聞かれることがあったので答えた。
「エルベさんすごい」
「んも~何者ですか!?」
「カッコいい!!」
嫌味なくそういう言葉をかけてくれるTさんに、どう応えていいかわからなくて、ただひたすら照れて気分良くなっていた←単純w

私はあまり人を肯定する言葉を自然に思いつけない。
自分の肯定もできないのに人の肯定できるか!!(逆切れ)
自然にほめたり褒められたりする技術って意外と難しいよね。でも習得したいと思ってる。お世辞を言うのではなくて、相手の能力を認めて素直にそれを称賛できるようになりたい。