スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

あばうとー  読者になる  follow us in feedly

Rcawaii9月のボトムスとマリさんにもらったスカート

5月からお世話になっているお洋服レンタルサービス
www.rcawaii.com

Rcawaii

9月のスカートは1枚滅茶苦茶透ける*1ので取り替えてくださいって言ったら新しいスカート(下の写真の中央)が送られてきた(返却時4枚)。
f:id:elve:20180922180459j:plain
マリさんと茶のトップスは難しいという話をしたばかりだが茶でwww
ふぁさふぁさしたスカートで、歩道橋の階段を上るときとか、なかなかドラマチックになるw 白の花柄はちょっと汚れがあったけど、私がつけたシミじゃないですよと申告すべきか悩んだまま今日にいたる。ズボンもストライプで、柄物3枚になってしまいちょっと着回しが難しい。

先日のダンスイベントはこのズボンで行った。問題なく動けた。でも、デザイン的には野球のユニフォームみたいに見えるw(似たようなズボン持ってるwww)
生地が薄くて色が薄いと透けるということを失念しており、先月とか大丈夫だったか今更不安になる。
逆セクハラで怒られてしまいそうだ(;´Д`)

パンツ

そういえば下着が見えたらラッキーという感覚が日本人だけっぽいようなツイートを見た。子供のころからラッキースケベを徹底して教え込まれた成果、既に文化だよなぁ。
見えても恥ずかしくない、はできても、見ても心騒がすな、は無理だもんなぁ。4歳の男児に幼稚園で女児のパンツ見えてエッチな気分になったと告白されて悩んでるお母さんのツイートとかあったよなぁ。
もともと和服になかったものだからどうすればいいのかわからん、見せるな、的な流れでこうなったのかねぇ? 昔は暑い日は下着用の和服とかで涼んでたりしてたんでしょ? 見えないものを見ることに対する執着と見せたくないという執着の成れの果てなのか? そもそも女性が人前に出るなって文化? それって貴族だけかw 野良仕事してる女性たちがいつから羞恥心抱えるようになったのか・・・。
honz.jp

戦後、女と男そしてパンツをとりまく世界の変化は、スリリングなものです。パンツの形状が変わることによって、パンツは衣服の下に完全に隠れ、女性の気持ちも「パンツを見られることは恥ずかしい」というものに。女性が立ち居振る舞い等に気を配るようになったことによって、反対に男性達の「見たい」という気持ちが燃えさかったのだ、ということではありませんか。

『パンツが見える。 羞恥心の現代史 』 - HONZ

この辺か。面白そう。

マリさんにもろた

f:id:elve:20180922180916j:plain
マリ (id:mari1216)さんにもらったスカート★ この年で膝見えるの厳しいと言いつつ結構着てる。2WAYのほうは夏場の休日ほぼこれで過ごしてたくらいお世話になりました(*^▽^*)
マリさんはあまりスカートをはかないらしい。

恐怖とか

女性は自覚の有無はあるだろうけどみな根本的な男性への恐怖を抱えていると思う。それは仕方のないことなんじゃないだろうか。
「俺は何もしてないのに加害者扱いか」「俺は非力でむしろ被害者だ」
ってそういう次元じゃない根本的な恐怖。

化粧も洋服も恐怖を誤魔化すためにあるのかもなぁ。もっと怖いものを観る羽目になることがあるけど。

*1:twitterに写真上げたがヤバいw