スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

あばうとー  読者になる  follow us in feedly

好き嫌いと醜さと

醜いとは思ってないかなぁ

人をネタにする醜さにもっと自覚的であってほしいという話 - スナックelve 本店

草生やしすぎで読みにくいし本当に醜いと思ってるのかな?と感じてしまう

2018/10/15 11:20

草生やしすぎで読みにくいし本当に醜いと思ってるのかな?と感じてしまう - lovelyのコメント / はてなブックマーク

関係ないかもしれないけど草を生やすことに対する感覚の違いついてちらっと昔書いた。自嘲とか自虐の風味がうまく伝わらないわよねって話www
elve.hatenadiary.com

ニコキャスでも言ったんだけど、醜いと思っていないだろうと言われると・・・・・・思ってない。鋭いですねwww

私は嫌いな人に嫌いだと言ってしまう迂闊な人間だし、嫌なものに嫌だと言ってしまう傲慢な人間ではあるが、自分の嫌いなものを「醜い」とか「悪」であるという価値判断はしたくないと思っている。
それは私が嫌なだけだ、と思っていたい。
そこに「美醜」とか「善悪」とかの判断を入れるのは傲慢すぎでしょ、さすがに。
逆に自分が心酔するものを「正義」だと妄信するような状況をとても恐れている。自分を正義だとは思いたくない。積極的に悪を成す人間でもないと思っていたいけどw

人をコンテンツ化すること、特に身近な人をコンテンツ化してしまう暴力性についてはよく考えていたんだ。
ただ、それを「醜い」と批判されることにドキッとした。それは私には愛情と切っても切れない関係だったりする(なぜなら母親が(ry)。
ああ、醜いと言われるものだったのだという気づきは有ったが、自分が醜いと思っているかというとあんまり思ってないね。
ただ、そう言われる、見えるものなのだ、という自覚を持とうと強く思った。
表現しない人間なんていないと思うし、表現する以上、(架空だとしても)誰かが関わってくるんだろうなぁとも思ったけどね。

話題のきっかけをくれた人は金銭目的でコンテンツ化することを酷く嫌悪しているようだった。
私は妻をコンテンツ化してる漫画とかブログとか育児ブログ全般が苦手だったりする。金銭というよりは、自分の承認欲求満たすために他人をコンテンツ化してるように「見える」のが苦手かなぁ。
♪ほんとうは ふたりしか知らない(by あゆ)
その辺の「ここから醜いですライン」ってのも個人で恣意的に変わるものだろうから、私は信じない。信じさせたくない。

小説のモデルが自分だという裁判をたまに聞くじゃないですか。なんでそんな裁判するのwwww 余計ばれるじゃないのwwww って思っていたのね。
そうじゃなくて、そうやって金儲けすることへの嫌悪感とか、許されるべきではないって考え方とかあるのかも、と思った。

んで、あの作品は自分の作品のパクリだってたまに電波飛ばしてる人のことなんかも考えてしまった。
竹林さんとか元気なんだろうか・・・。
一時期さっと読んで信じて話したら彼氏に苦笑いされたからなぁ(ピュア

余談

個人への批判を属性への攻撃だと転化するのは嫌い
例えばさ、マルセイに私が「思い込みの激しい底辺粘着女郎」とか言われたとするじゃん。
そん時に
私が女だからそういうこと言うんですね
私が派遣だからそういうこと言うんですね
私が双極性障害だからそういうこと言うんですね
みたいにさ、私が○だからそういうことを言われた、とか、マルセイは○を攻撃してるって捉えてさー、○を守る為に私はマルセイと戦います!! みたいになっちゃうと違うと思うのね。

何より、自分が批判されてるって事から逃げてるよね。
もちろん○だからそうなりがちなんだよねって説明はあっていいと思うよ。それは事実だと思うし。
例えば私の思い込みの激しさの要因のひとつに双極性障害があるだろうと思うし、それは言い訳じゃなくて説明だよね。投薬治療もしてるし。
そこから粘着するのは性格でもあるだろうけどさwww
あと、それは今関係ないよねって話をするのもいいと思う。今「底辺」や「女郎」であることは関係ねーだろ! って反論はありだろう。

何かの、それが社会的に弱者であればあるほど、「それを守るため」って錦の旗は強くなる。使い方によっては暴力になりうると思うんだよ。
旗振るなら、その暴力性は自覚しておきたいなーって思ったよ。弱者を守りつもりで盾に使ってるって事も自覚したい。