スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

一日の予定から会議開催通知出す

環境:Windows10+Office2010

えーっと、自分じゃなくてbossの予定を管理していて、outlookの予定表つかって参加者とbossに開催通知を沢山出したいぞ、と。
例えば
2019/2/15予定

開始 終了 参加者1 参加者2
9:00 ~ 9:30 打合せ A@example.com Boss@example.com
9:30 ~ 10:00 会議 B@example.com Boss@example.com
10:00 ~ 10:30 訪問 C@example.com Boss@example.com
10:30 ~ 11:00 来店 D@example.com Boss@example.com
11:00 ~ 11:30 電話 E@example.com Boss@example.com
11:30 ~ 13:00 会食 F@example.com Boss@example.com
13:00 ~ 13:30 打合せ G@example.com Boss@example.com
13:30 ~ 14:00 会議 H@example.com Boss@example.com
14:00 ~ 14:30 訪問 I@example.com Boss@example.com
14:30 ~ 15:00 来店 J@example.com Boss@example.com
15:00 ~ 15:30 電話 K@example.com Boss@example.com
15:30 ~ 16:00 ミーティング L@example.com Boss@example.com

↓こういう表に作り替えよう

件名 開始日 開始時刻 終了日 終了時刻 参加者1 参加者2
【打合せ】A 2019/2/15 9:00 2019/2/15 9:30 A@example.com Boss@example.com
【会議】B 2019/2/15 9:30 2019/2/15 10:00 B@example.com Boss@example.com
【訪問】C 2019/2/15 10:00 2019/2/15 10:30 C@example.com Boss@example.com
【来店】D 2019/2/15 10:30 2019/2/15 11:00 D@example.com Boss@example.com
【電話】E 2019/2/15 11:00 2019/2/15 11:30 E@example.com Boss@example.com
【会食】F 2019/2/15 11:30 2019/2/15 13:00 F@example.com Boss@example.com
【打合せ】G 2019/2/15 13:00 2019/2/15 13:30 G@example.com Boss@example.com
【会議】H 2019/2/15 13:30 2019/2/15 14:00 H@example.com Boss@example.com
【訪問】I 2019/2/15 14:00 2019/2/15 14:30 I@example.com Boss@example.com
【来店】J 2019/2/15 14:30 2019/2/15 15:00 J@example.com Boss@example.com
【電話】K 2019/2/15 15:00 2019/2/15 15:30 K@example.com Boss@example.com
【ミーティング】L 2019/2/15 15:30 2019/2/15 16:00 L@example.com Boss@example.com

具体的にはエクセルで
f:id:elve:20190215205537p:plain
こんな感じでうまいことやってくれ
そんで、別のシートに値貼り付けでもして、書式設定(日付と時刻)して
↓こうしてくれ。別に時間連続じゃなくてもいいけどA1から詰めて表にしてね。
f:id:elve:20190215205723p:plain

さぁ、マクロの時間です。参考にしたのはこちら↓
Excel のデータをもとに会議出席依頼を送信するマクロoutlooklab.wordpress.com

VBAの画面で「ツール」→「参照設定」でOutlookのobject library にチェック入れて。
f:id:elve:20190215210942p:plain
標準モジュール追加して下記を貼り付けてください(場所と内容横着してます。あれだったら表に追加してアレしてください)

Sub SendMeetingRequest()

    Dim olkApp As Outlook.Application
    Dim objAppt As Outlook.AppointmentItem
    Dim r As Integer
    Dim i As Integer
    
    ' 会議出席依頼のもとになる予定アイテムを作成
    Set olkApp = CreateObject("Outlook.Application")
    
    Range("A2").Select
    
    Do
        Set objAppt = olkApp.CreateItem(1) ' olAppointmentItem
        r = Application.ActiveCell.Row
        objAppt.MeetingStatus = olMeeting
        '件名
        objAppt.Subject = Cells(r, 1)
        '開始
        objAppt.Start = CDate(Cells(r, 2) & " " & CDate(Cells(r, 3)))
        '終了
        objAppt.End = CDate(Cells(r, 4) & " " & CDate(Cells(r, 5)))
        '参加者
        objAppt.Recipients.Add Cells(r, 6)
        objAppt.Recipients.Add Cells(r, 7)
        '場所
        objAppt.Location = "会議室"
        '内容
        objAppt.Body = "内容"

        objAppt.Recipients.ResolveAll
        objAppt.Display

        ActiveCell.Offset(1, 0).Select
    Loop Until ActiveCell = ""

End Sub

ほんで、EXCELのほうで「開発」タブの「挿入」でボタンを挿入。(うちではOUTLOOK起動してないとエラー出た。)
f:id:elve:20190215221303p:plain
マクロを登録してぽちっと押せば・・・開催通知がダーッと作られます。
f:id:elve:20190215221653p:plain
あとは確認しながら送信しましょう。

↑Top