スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

虚無は鬼だという

鬼と女子高生が出てきたのでとりあえずラムちゃん的なものを描いておくw
f:id:elve:20200915213247p:plain

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ)

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ)

私は京極堂シリーズは絡新婦までは読んだ・・・はず。
読んでなくてもメインのストーリーは楽しめると思う。けど装飾(修飾?)に使用されている言葉がいまいちわからないので読んでおいたらより楽しめるのではないか、と。

メインのストーリーはその家の女は代々切り殺されるって宿命に、たちむかうが殺されてしまった女子高生の話・・・かなぁ?
その殺された女子高生の友人の勇気という気もする。

人間が悪いのか道具が悪いのか、そんなことにも触れようとした作品なのかなぁ?

京極堂シリーズである程度キャラ萌えできてたほうがいいと思われる。ちと久しぶりすぎて何の話の合間の話なのかどことつながってるのかも曖昧。ググったら絡新婦の話とリンクしてるらしい。むむぅ?(思い出せない)


虚無こそは鬼だと何回か出てきた。人生虚無だぜーとか言いがちな私は気を付けないといけないかもしれない(;´Д`)
犯人を推理しながら読むタイプではないので、へーへーって感じで読んだ。
よくわからないんだけど、ここまでの情報で俺は真犯人を見つけるぜ!! 的な読み方だと大変じゃないかなぁって思う。

次は『マークスの山』を読みます。

マリ (id:mari1216)さんが映像作品(ドラマ・映画)を視聴済み。
みどりの小野 (id:yutoma233)さんが原作読了済み。
ということでみんなでなんかみて書こうと思っています。
もしマークスの山の話を書く方がいたら↓のテーマ使ってくださったら読み終わってから読みに行きます。
blog.hatena.ne.jp
10月末くらいまでを一応締め切りに

マークスの山(上) (新潮文庫)

マークスの山(上) (新潮文庫)

  • 作者:薫, 高村
  • 発売日: 2011/07/28
  • メディア: 文庫
マークスの山(下) (新潮文庫)

マークスの山(下) (新潮文庫)

  • 作者:薫, 高村
  • 発売日: 2011/07/28
  • メディア: 文庫