スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

シン・エヴァンゲリオン劇場版<ネタバレると思う>

f:id:elve:20210814184532p:plain

気にはなっていたんだけど流石にもうエバーw とか言ってる歳でもないしなぁ・・・・と劇場版を見送ったシン・エヴァ
アマプラで見ることができたので視聴しましたヨ
www.evangelion.co.jp
Amazon.co.jp: シン・エヴァンゲリオン劇場版を観る | Prime Video

うろ覚えレビューです

始まり

これまでのエヴァンゲリオン、と称して序・破・Qのダイジェスト。うむ、わからん。

なんかマリがドババババーっと活躍して始まる。まぁ、他のチルドレン3人が赤いモヤモヤの中トボトボ歩いてエンドだったもんね、Q。マリしかおらん。
絶対見つけるから待っててね~ワンコくん、とか言ってた気がする。ほんとマリ謎。

すまんなトウジ。ワシはお前を認識できん

なんか防護服来た人たちに保護(?)されたらしい3人。平和そうな村。そこで医者だというトウジ。
トウジ・・・TV版では片足をなくし、漫画版では無事死亡していた。委員長とポカポカしてる彼をトウジと認識できなかった。14年経っている設定のため、声優さんも多少意識してるのか声が違うのよね。喋り方とか。あなた、誰? みたいな。
ケンスケは加持さん化が激しかった気がするし。そして、ケンスケをケンケンと呼ぶアスカも声や話し方に違和感。ちょいミサトさんっぽい声に聞こえるところもあった。
平和そうな生活の描写、膝を抱えるシンジ、我らが綾波

新劇場版を受け入れられないヨ!!

トウジは主人公に対立からの友情、そして別れを教え、退場するキャラであった。多感な時期にTV版を通して植え付けられたキャラへの思いが上手く新劇場版に乗らない感じがちょっと気持ち悪かった。
新劇場版、悲しいのはアスカが間違いなくお色気要員なのよね・・・。サードインパクト自体は綾波で起こせることが証明されており、(結果宇宙規模での巨大ヒロインになってしまったため綾波はヒロインの座からクリエイチャー枠に移行したのだと思うが)2号機パイロットってならマリがいる。マリがアスカを姫と称して大切にするのも、違和感がすごい。
多分(式波)アスカには(式波)アスカの物語がある。でも結果、破でのスケスケテストプラグスーツであったり、テープで補修したプラグスーツであったり、眼帯であったり(フェチ狙い?)、シンエヴァで破れたストッキングみたいになったプラグスーツ(妙にリアルなシワ描写あり)の破けた部分からはみ出してるむちっとした肉であったりするのだと思う。露出度高くて悲しい。

各キャラ感想

シンジくん

おつかれ~。ほんとおつかれ。ゲンドーがエヴァ乗った時点でちゃぶ台ひっくり返すよね。俺呼ぶ必要ねーじゃねーか!!! って(´;ω;`) 両親がキチガイで世界を破滅に導いたために尻拭いする主人公。可哀想過ぎる(´;ω;`) 僕は辛いけど平気だからみたいなこと言ったときに、そやな、つらかったよなぁ、と。それでいてどいつもこいつも上から「成長した」とか評価してくるのほんと全員殺しても許されるわよ(´;ω;`) 見せ場の戦闘シーンがほぼ概念の世界で、CGの違和感すごかったり、シチュエーション面白すぎだったり、最後までホント大変よな。俺は緒方シンジしか認められん( ;∀;)

アスカ

わたくし、恐れ多くも(惣流)アスカに自己投影していた時期がございました( ;∀;) Qでなんでブチギレてたかわかる? みたいなことシンジくんに聞いてて相変わらず面倒な女だなぁ~と思いましたw 救っても殺してもくれなかったからって・・・14歳に・・・何を求めてるんスカ・・・。裸族として存分にサービスしていたアスカ。結果、レイよりも人気があるとのことで昭和世代の私には感慨深いものがあります。劇場版までレイは圧倒的人気のヒロインだったのになぁw
なんつーかお情けっぽくモード999だの使徒としての必要性みたいの書かれて可哀想でした。式波はケンケンと幸せにな。惣流はみんなの心のなかにいるよね!?(山月記的虎になる系の人は特に)

レイ

レイは毎度可愛いよな。でも、なんか「~ってなに?」をやりすぎでギャグかよwwwwって感じになってた。シンジくんの通過儀礼で死んでしまった感じ。長髪になったレイは思ったより可愛くなかったw
また大きくなって、しかも変にリアル顔にされて、可哀想にwwwww
昭和世代には永遠のアイドル(偶像という意味でも)だよなぁ。

カヲルくん

思わせぶりな感じの割に何もしてないんじゃないか? この人w ピアノがゲンドーくん由来なのかね?

マリ

わからない。付き合い浅いからな。TVシリーズが魂に傷つけた世代には「わからん人」のままの気がするね。わからん人とも折り合いつけて生きていくのが人生よねって映画だったね(;´Д`)

トウジ

上記参照

ケンスケ

これもまた俺の知ってるケンスケではないのだけど、たぶん、14年経ったらみんな変わっちゃうよね、という意味でリアルではあった。

加持さん(父)

なんか知らない間にかっこよく死んだらしい。らしいっちゃーらしい。安定の山寺ボイス。

加持さん(息子)

あなた誰?

ミサトさん

真っ先になんだよ子供生んでるんかよ! っとがっかりしてしまった。←
ミサトさんには子無しなのに母性本能と女性としての性欲がだだ漏れて葛藤して生きるさまを貫いてほしかった。まぁ、旧劇みたいに戻ったら大人のキスの続きをしましょ、とかより保護者としての立場を明確にしたほうがわかりやすいのか。・・・だとしたら、Qは酷いよなぁ!???wwwww

りっちゃん

母親のセリフは重いわね、みたいなこと言ってたけど、全然そんなこと思ってないキャラでいて欲しいw この世界線ではゲンドーくんの手篭めにはなってないのかな?(TV版も別に手篭めにはなってないw)子なしの希望を勝手に託すw マヤの「副長先輩」(だっけ?)が違和感ありすぎてなんかなぁってなった。せっかくゲンドー撃てたのに空っぽ(物理)だよwwwww

ゲンドーくん

噂通りめっちゃ喋るやん!!!!wwwwww ユイくんには会えたのかね? というか、もう妄想で会ってそうなレベルだったよね。息子戦わせないで最初から自分でやれよwwww

ユイくん

てめー!!!!!wwwwwww

冬月先生

急にL.C.L.になっちゃったけど、ユイくんに会えてたらいいなぁ。

全体感想

なんかねー・・・私がしばらくアニメ観てないから適応できてないのだと思うんだけど、背景が妙にリアルで違和感がすごかった。戦闘シーンみたいな動き激しいところでのCGは、まだまだちょっとって感じだったなぁ。後キャラの造形が・・・え? 誰? ってなることが多かった。
私が理解できなかったけど理解したかったエヴァンゲリオンは私が理解できないなーwwwwって思うヱヴァンゲリヲンになって、シンエヴァとして完結した。ソレはソレで良かった、みたいな感想ですw
途中で挟まれる妙にリアルな映像。意味不明な理屈。そして結果が現代日本のような駅にレイとカヲルくんがいて、元シンジくんがマリと明日を生きる。
TV版でオタクに引いて旧劇で現実に帰れとレイをクリエイチャーにアスカを酷い目に合わせてみたが、それでも何かがまとわりついてくるので、仕方なく「成長したね」「大人になったね」と宥めすかして終わらせた感じがしないでもないw

さようなら、エバー!!