スナックelve 本店

バツイチ派遣40代女性の日記です

逃げ出した、この夜に、44の夜

耐えかねて家を飛び出て1時間電車に乗った先のホテルに泊まりました。エルベです(爆)

自由とはなんなのでしょうか(笑)

f:id:elve:20220114054406p:image

動きのある絵は難しいですね。もっと体外に開いてるんすけど・・・。

 

さて、私の男、なぁ・・・。

最後に愛は勝つって言うじゃなーい? でも勝敗の定義、ありませんから!! 残念!!

 

iPadが勝手に変換して超打ちづらい(ノД`)ナェルシク

 

先日、私が病院に診断書を取りに行くから帰り遅くなるよって日があったんすよ。んで、カズは仕事が暇だから午後は休んで飲みに行こうかな、と。頼むから上野とか立ち飲みはやめてくれとお願いしててですね、まぁ、止めても無駄なので。

その日、小急ぎでいつもより早い電車に乗れたんすよね。いつも都営新宿線端から端まで乗るんですが、病院行くのでJRに乗り換えなくちゃいけなくて・・・ってちょっと緊張してるところでカズから着信。キャンセルして電車内で出られないとLINEするとすぐ再度着信。キャンセルし「降りた方がいいの?」とLINE。応答なし

え? 何? なんかよくないことでも起きてる?

市ヶ谷で降りて電話をかける。

なかなか出ない。

出たと思ったら酔った声で「メチャクチャ怒ってるかもー」と誰かに話している・・・女か?←負けw

「どこにいるのー?」「市ヶ谷だよ!! せっかく早い電車乗れたのに!!」「あsdfjkl;」酔っていて会話にならない。

「もうかけてこないでよ!」弱おこで電車に再び乗車、馬喰横山で乗り換えなくちゃ・・・

着信アリ

ムシをすることにする。いい加減にしろ、と送ると既読にすらならない。どこで誰と飲んでるんだよ、こいつ・・・。

 

 

みたいなだるい始まりで病院の後電話したら「友達と家にいるからなんか持ってきてー」と言われて菓子折り買っておつまみ買って帰ったら知らない男(サトウ)とカズが汚部屋におり、カズは既に日本語で会話が不可能なほど泥酔。サトウはカズの同僚で15時頃から飲んでいた、と。4時間以上この酔っ払いの相手をしてくれていたらしい。土下座。

散らかってるし下着干してるよぉぉぉ(ノД`)ナェルシク

 

サトウ帰宅後、立ち上がることすらできないカズをあちこちにぶつけながら(本当に頭ガンガンぶつけていたが頑丈であった)寝かせたら、急に押入れに向かうのでどうしたのか聞いたらトイレというので慌てて支えつつよろけつつトイレに行かせ、トイレでも倒れ込んでどうしょうもないのをなんとか布団に90度で寝かせた。限界。ワイ非力だからこれが限界。

f:id:elve:20220114064152p:image

寒さで酔い覚めたら布団に入るじゃろ、とエアコン止めて放置。

 

で、疲れ果てて寝てたら、3時頃にカズが私のベッドに潜り込んでくる。なんか冷たいしなんか湿っぽいしやな感じ。

「布団で寝なさいよ」

「なんか濡れてて冷たい。寒い」

 

\(^^)/<漏らしてました

 

ぎゃー死ねーきたねーしねよもう!! と叫びながら自分のベッドにリセッシュしまくり、バスタオルで応急処置、薄手の敷布団を重ねて敷いて、そこで寝かせる。

まだ酔ってる。ご機嫌とるつもりなのかセックスしようとしてくるから怒って寝かせる。

 

朝具合が悪い、仕事休むと言うカズに、落ち着いたら布団乾燥機を敷き布団中心にかけてくれ、その際、かけ布団もちょっと湿ってるから一緒に乾燥させてくれという話をする。

聞いてるの? 聞いてるよ なんて会話をして職場へ。

敷き布団捨てるための粗大ゴミの手続きをする。

布団パッド(毛足が長い冬用)とかけ布団はコインランドリーで洗って干せるかも? と思い、ついでならシーツも洗って欲しいなぁまとめてLINEする。

まだ具合が悪いという。はいはい寝てろ。

 

帰りになって買い物お願い、とか言い出すようは晩御飯作れ、と。

ほぅ。

 

敷き布団に乾燥機かけたか聞いたら、タグに乾燥機禁止って書いてあるとか言い出す。それはコインランドリーのだろ。ウルセェクセェんだよすぐ乾燥させろ、と思わず感情が文章に出てしまうw

アンサー「これからコインランドリー行って乾燥機かけてくるので買い物よろしく」

そうじゃねーよ、うちにある乾燥機かけろっていってんだよ!!! それも!! 昼のうちに!! 3回くらいかけて!! できれば換気して欲しかった!!!!!(ノД`)ナェルシク

 

で、帰宅したら掛け布団に乾燥機かけて湿った敷布団は押し入れにしまってやんの。やめろ、被害が拡大するじゃないか!!! つかどう言うこと!?

 

 

つまり本人記憶がなく漏らしたことを私に言われても信じておらず、敷き布団は無事でかけ布団がちょっと汚れた程度で私が大げさに騒いでると思ってたようなんだよね。

で、飯は作ってくれ、と。本人テレビ観てるのよ。

 

死ねよ、頼むから。あ、一緒の時に死なれると容疑者になって面倒だから俺がいない時にひっそりと。

一人分晩御飯作って私は「こんなとこで食えるわけないだろ」と外食。

 

洗濯してたので干しに帰ったら流石に干してくれてた。

翌日の出社の準備をまとめて家を出た。「どこ行くの」「職場の近くのホテルで泊まる」特に謝罪も止める気もなさそう。そらそうだよね。自分の懐は痛まないもんね。

 

代官山まで迎えにきてもらった借りがあるけど利息がトイチじゃねーかよ!

もう無理かなー。

 

母が送ってくれた布団に当たり前のようにフルチンで寝るカズにイライラしてたんだよね・・・。シーツ洗ってくれるわけでも干してくれるわけでもないし。

みなさん。全ての性器は汚いです。体液は汚いのです。パンツ履いて寝てください。